12月 202014
 

こんにちは。ファガイです。
本日は先日放送中に公開して欲しいといわれていたAWSに関して調べた内容に関して記載しようと思います。
一部に関しては省いています。

以下に示す金額は、全て東京リージョンでの金額となります。

インスタンスに関して

インスタンスは様々なユースケースに合わせて最適化が行われている。
t2インスタンス以外はインスタンスストレージが提供されている。

インスタンスの種類

汎用

  • t2(クレジットでのバースト方式のインスタンス)

ユースケースとしては、開発環境、サーバー構築、低トラフィックWebアプリケーションに利用
※インスタンスストレージが無いため、別途EBSで管理する必要がある。

  • m3(バランスが良いインスタンス)

多くのアプリケーションでうまく使えるインスタンス。

コンピューティング最適化

  • C3

EC2の中では一番安いインスタンス。
CPUは一番良いが、メモリは少なめ。(m3.largeは7.5だが、c3.largeは3.75)

メモリ最適化

  • R3

ストレージ最適化

  • I1

ストレージ関係

インスタンスストレージ(Ephemeral Disk)について

EC2インスタンスに搭載されている標準のストレージ。(t2インスタンスや一部のインスタンスにはついてない)
なんと無料で提供されている!

  • インスタンスタイプごとにストレージのサイズが異なる。
  • ローカルディスクである。
  • EC2をStop/Terminateさせるとデータが消えてしまう。(揮発性)
  • スナップショット機能は無い
  • 別のEC2に付け替え出来ない

なお、旧インスタンスのm1やm2,c1,cc2のストレージはHDDです。他はSSD。
データが消えてしまうことも考慮して、アプリケーションを用意する場合には別途リポジトリ等からコードを取得する形が良い。

EBS(Elastic Block Store)に関して

EC2用のストレージ領域のこと。仮想外付けストレージ。t2インスタンス等では必須領域となる。

  • サイズ/期間/IOで課金がされる。
  • ストレージのサイズを自分で決めることが可能。
  • 各EC2インスタンスで、複数EBSを使うことが出来る。
  • EC2をStopさせてもデータは消えない。(不揮発性)
  • EC2インスタンスを付け替え出来る。
  • S3上にストレージイメージをバックアップすることが可能。
    (EC2をTerminateさせると設定によってはデータが削除される。)

スケールアップを検討しているサーバーであれば、こちらを使うべきでしょう。

EBSの種類

Amazon EBS Magnetic volumes

  • 初期のEBSボリューム。
  • ストレージはHDD
  • 主にデータアクセス頻度が低い場合に利用される
  • 価格は1ヶ月にプロビジョニングされたストレージ1GBあたり $0.08 発生。
  • また、100万I/Oリクエストごとに $0.08 加算がされる。
  • IOPSは保証されない。保証をかけるには追加料金がかかる。
  • 最大のIOPSは公式発表では40~200。
  • 平均はだいたい100IOPSになる

Amazon EBS General Purpose (SSD) volumes

  • 現在の標準のEBS
  • ストレージがSSD
  • 主に、ブートボリュームや、小/中規模DB、開発とテストに利用される
  • 価格は1ヶ月にプロビジョニングされたストレージ1GBあたり $0.12 発生。
  • ストレージ1GBあたり、最低3IOPSが必ず保証される。(1秒間に3回SSDにアクセス出来る)
  • 起動時の30分間はバースト(最大3000IOPS)するため、OSの起動が非常に速い。
  • バーストはクレジット方式で、1ボリュームあたり540万IOクレジット分確保が出来る(540万/3000=180秒)
  • クレジットは1GBあたり3IOクレジットが1秒ごとに回復。
    つまり、1GBだけ借りた場合、バースト後に最大クレジットに戻るためには1,800,000秒かかる。
    1TBを借りた場合、もともと3000IOPSが保証されているため、回復時間は関係ない。

Amazon EBS Provisioned IOPS (SSD) volumes

  • 一番この中で性能がいい
  • クリティカルな高負荷データベース等に利用する
  • 高い&用途に合っていないので、今回は関係ないものとする

以上です。
他に関しては最近IAMの方を調べてるので、何かの際に書くかも知れません。

Pocket

 Posted by at 3:48 PM

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*