6月 172013
 

Laravel4のインストールをやってみた

こんにちは。ファガイです。お久しぶりです。
早く更新をしようと思っていたのですが、自身の作業が多くなり更新出来ておりませんでした・・・。

さて、今日はLaravel 4を導入したいと思います。たしかLaravel 4はSymfonyの元に作られているんでしたっけ。
(そして自分は運が悪かった)

導入

まずは、導入するためにcomposerを取ってくる必要があります。
http://getcomposer.org/download/にて用意をしておきます。

laravelをインストールする予定の場所で
curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

です。自分で出来る人は自分で用意した方がいいです。

そしてインストール

php composer.phar create-project laravel/laravel フォルダ名

一応途中までcloneが出来たが以下のエラーが発生。

[UnexpectedValueException]                                                                      
  'laravel/vendor/filp/whoops/7b87ecda71099a7e6649be8681cc2dff.6' is not a zip archive.

調べていくと24時間以内にforumに投稿された記事しか出てこない。
http://forums.laravel.io/viewtopic.php?id=9702

これは思いっきり始めるタイミングを間違えたな、と。
とりあえず、zip.soが入っているのか確認。phpinfoで確認したが存在した。

フォーラムの回答にある–prefer-sourceコマンドを使ってみる。(この時点でフォルダが出来ていたため、フォルダ内で)

php composer.phar install --prefer-source

行けた。Compiling common classesの文字。

とりあえず、動いてくれたのでアクセスしてみる。(自分の場合はシンボリックリンクでpublicにリンクを貼った後。リンクしていない場合はフォルダ名/publicでアクセス出来るはず)
whoopsのエラー画面が出てきた。個人的にwhoopsのエラー画面は好き。

laravel-permission

まあ画像に載ってるとおりパーミッションが原因のよう。
app/storageの所有者をapacheに変更。

chown -R apache storage

これで行けるはず。
start
行けた。

他の指定

これだけでは、timezoneや、locale等の指定をやっていなかったりするので、行う。

timezoneとlocaleの指定

app/config/app.phpに書いてある

'timezone' => 'UTC',
と、
'locale' => 'en',

'timezone' => 'Asia/Tokyo',
と、
'locale' => 'ja',

に。

keyの指定

keyを指定します。SecretKeyですね。ここは32文字のランダムな文字列が設定されるべきです。
こちらは自動生成機能を利用しましょう。
フレームワークのルートフォルダに移動し、(composer.json等が置いてあるフォルダ)

php artisan key:generate

Application key [生成された文字列] set successfully.となっていればOKです。app/config/app.phpのkeyに設定されていると思います。

まとめ

最初はどうなるかと思ったが、インストール出来てよかった。
現状ではIoC Containerが気になっているから使ってみたい。

以上。

Pocket

 Posted by at 5:46 AM

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください