1月 142013
 

FuelPHPのassetパスを変更する、追加する方法。

こんばんは。ファガイです。今日は、FuelPHPのassetクラスに関してです。

例えば、

public/
 assets/
  images/
   sample.png

と、このようにassets内のimagesフォルダ内を参照するとします。

この状態で、Asset::img(“sample.png”);を行うとsample.pngは読み込めません。普通ですね。
通常、Asset::imgはデフォルトでasset/img内を確認するからです。

それで、どうするかですが。3つ方法があります。

フルパスで突っ込む方法。

Asset::img('http://..../assets/images/sample.png');

これだと行けます。

Asset::add_pathでパスを指定する方法。

Asset::add_path('assets/images/');
Asset::img('sample.png');

これでも行けます。

config/asset.phpの設定を変更する方法。

まず、core/config/asset.phpをapppath/config/asset.phpにコピーします。コピーせず、ファイルをつくってもいいです。

変えるべきは、foldersの項目です。

'folders' => array(
    'css' => array(),
    'js'  => array(),
    'img' => array('assets/images/'),
),

この様に、パスを追加すれば良いです。
これは、cssやjsも共通です。

以上です。ではでは。

Pocket

 Posted by at 10:49 PM

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*