10月 092012
 

こんにちは。ファガイです。
今日から、多少ですがFuelPHPのコミットしようと思う。ちなみに、既存に存在する情報ばかりなので、知ってるかもしれないです。

最近FuelPHP入門を読んでいるわけですが、はじめてのフレームワークとしてのPHPを読み終えていたのでDateクラスの存在を知ってました。(実際、Dateクラスに関してはFuelPHP入門P224でも解説されてます)

で、Dateクラス。
View上で結構使ってるっぽいので簡単な使い方を。
通常なら、date()メソッドを使用するわけですが、FuelPHPには個別にDateクラスというものがあります。それも、最初から読み込まれてるので読み込む必要も無し。簡単。

通常

echo date("Y-m-d H:i:s", timestamp);

と、このようにフォーマットをいちいち指定する必要があります。
Dateクラスだと、

echo Date::forge(timestamp)->format('mysql');

これだけ。というか、あんまり文字数的には変わってないというか増えてますねw
ただ、視覚的にわかりやすくなってるんじゃないでしょうか。

まず、Dateクラスをforgeし、formatを指定する。

forgeメソッドの第2引数にはタイムゾーンを指定することもできますが、私は使ってません。タイムゾーンは、fuel/app/config/内のconfig.phpにて指定しておきましょう。
これを、

'default_timezone'   => 'UTC'

こう!

'default_timezone'   => 'Asia/Tokyo'

formatメソッドは、config/date.phpのパターンキーが指定できます。自身で用意する場合はfuel/core/config/date.phpfuel/app/config/内にコピーしてから使用。

パターンキーとそのパラメータ値

キー パラメータ値
local %c 火 10/ 9 18:28:14 2012
mysql %Y-%m-%d %H:%M:%S 2012-10-09 18:28:14
mysql_date %Y-%m-%d 2012-10-09
us %m/%d/%Y 10/09/2012
us_short %m/%d 10/09
us_named %B %d %Y 10月 09 2012
us_full %I:%M %p, %B %d %Y 06:28 PM, 10月 09 2012
eu %d/%m/%Y 09/10/2012
eu_short %d/%m 09/10
eu_named %d %B %Y 09 10月 2012
eu_full %H:%M, %d %B %Y 18:28, 09 10月 2012
24h %H:%M 18:28
12h %I:%M %p 06:28 PM

日付の操作が簡単になりますね。
ではでは。

Pocket

 Posted by at 6:15 PM

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*