4月 232013
 

FuelPHPのUploadクラスを詳しくまとめてみる。

今回はFulephpのUploadクラスについてまとめています。多少のPHPの知識を知っているという認識で詳しく書こうと思います。

概要

FuelPHPのUploadクラスは、ファイルのアップロードを簡易的にしてくれるクラスです。しかしながら多少クセがあり、感覚がつかみにくいところがあります。(入力部分がブラックボックスすぎて)

基本ソース

■view部(わざとPHPは使用しない形で書いてます)

<form action="" method="post" enctype="multipart/form-data">
    <input type="file" name="upload_file">
    <input type="submit" name="submit" value="送信">
</form>

■sample.php


class Controller_Sample extends Controller
{
    public function action_index()
    {
        // 2016/03/16 追記
        // ver1.6.1以降、同じアクションでgetとpostを処理する場合は
        // ファイルがアップされる際のmethod判定が必要みたいです。
        if(Input::method() === 'POST') { 
            // 初期設定
            $config = array(
                'path' => DOCROOT.DS.'files',
                'randomize' => true,
                'ext_whitelist' => array('img', 'jpg', 'jpeg', 'gif', 'png'),
            );

            // アップロード基本プロセス実行
            Upload::process($config);

            // 検証
            if (Upload::is_valid())
            {
                // 設定を元に保存
                Upload::save();

                // 情報をデータベースに保存する場合
                Model_Uploads::add(Upload::get_files());
            }

            // エラー有り
            foreach (Upload::get_errors() as $file)
            {
                // $file['errors']の中にエラーが入っているのでそれを処理
            }
        }
    }
}

あれ?$_FILESはどこに行ったの?

自分はここで詰みそうになりました。$_FILES無いのにどうやって処理するんだよ!って。

結論をいうと、Upload::prosessメソッドに内包されていました。
prosessメソッドを使用すると自動的にクラス内の$files変数に入るようです。

例として、
自分で「サイト支援サイト.jpg」をアップし、Upload::process($config)を行ったあと、Upload::get_files()のvar_dumpを取ったもの。


array(1) {
  [0]=>
  array(10) {
    ["name"]=>
    string(28) "サイト支援サイト.jpg"
    ["type"]=>
    string(10) "image/jpeg"
    ["error"]=>
    bool(false)
    ["size"]=>
    int(472577)
    ["field"]=>
    string(11) "upload_file"
    ["file"]=>
    string(14) "/tmp/phpsh3Frt"
    ["errors"]=>
    array(0) {
    }
    ["extension"]=>
    string(3) "jpg"
    ["filename"]=>
    string(24) "サイト支援サイト"
    ["mimetype"]=>
    string(10) "image/jpeg"
  }
}

ちなみに、ファイルをアップしなかった場合は、array(0){}になってました。

で、じゃあfilesには何が入ってんの?

と、いう話になりますね。まあvar_dump取ったからほとんど書いてますけども。
表形式でまとめました。

Key 説明
field string フォームのinputタグに入っていたname名。nameに[]をつけていた場合は field:0となる。
name string アップロードしたファイル名
type string アップロードされたブラウザ上でのMIMEタイプ。
mimetype string よく分からなかったのですが、別途で判別出来る場合はそれで判別したMIMEタイプが入るようです。判別出来なかった場合はtypeと同じ値 になります。
file string アップロードされたファイルの場所
filename string アップロードされたファイル名
extension string ファイルの拡張子(自動的に小文字にはなりません)
size integer ファイルサイズ。単位はバイト。
error boolean エラーがあるかどうか
errors array エラーを連想配列に入れてある。array(‘error’ => エラーコード, ‘message’ => メッセージ)という形

また、Upload::save()を呼び出した後は、以下の2つのフィールドが追加されます。

Key 説明
saved_to string 保存される場所のパス
saved_as string 保存の際のファイル名

configに関して

configに関しては、日本語ドキュメントが充実しているの省きます。

FuelPHP 1.5 日本語ドキュメント Upload 設定

エラー文に関して

エラー文はcore/lang/en/upload.phpに書いてあります。
必要であれば、日本語化をしておきましょう。まだ自分は日本語にしてません・・・。(誰か日本語化してgistとかに上げてほしいな・・・チラッチラッ)

<?php

return array(
    'error_'.\Upload::UPLOAD_ERR_OK                     => 'The file uploaded with success',
    'error_'.\Upload::UPLOAD_ERR_INI_SIZE               => 'The uploaded file exceeds the upload_max_filesize directive in php.ini',
    'error_'.\Upload::UPLOAD_ERR_FORM_SIZE              => 'The uploaded file exceeds the MAX_FILE_SIZE directive that was specified in the HTML form',
    'error_'.\Upload::UPLOAD_ERR_PARTIAL                => 'The uploaded file was only partially uploaded',
    'error_'.\Upload::UPLOAD_ERR_NO_FILE                => 'No file was uploaded',
    'error_'.\Upload::UPLOAD_ERR_NO_TMP_DIR             => 'Configured temporary upload folder is missing',
    'error_'.\Upload::UPLOAD_ERR_CANT_WRITE             => 'Failed to write uploaded file to disk',
    'error_'.\Upload::UPLOAD_ERR_EXTENSION              => 'Upload blocked by an installed PHP extension',
    'error_'.\Upload::UPLOAD_ERR_MAX_SIZE               => 'The uploaded file exceeds the defined maximum size',
    'error_'.\Upload::UPLOAD_ERR_EXT_BLACKLISTED        => 'Upload of files with this extension is not allowed',
    'error_'.\Upload::UPLOAD_ERR_EXT_NOT_WHITELISTED    => 'Upload of files with this extension is not allowed',
    'error_'.\Upload::UPLOAD_ERR_TYPE_BLACKLISTED       => 'Upload of files of this file type is not allowed',
    'error_'.\Upload::UPLOAD_ERR_TYPE_NOT_WHITELISTED   => 'Upload of files of this file type is not allowed',
    'error_'.\Upload::UPLOAD_ERR_MIME_BLACKLISTED       => 'Upload of files of this mime type is not allowed',
    'error_'.\Upload::UPLOAD_ERR_MIME_NOT_WHITELISTED   => 'Upload of files of this mime type is not allowed',
    'error_'.\Upload::UPLOAD_ERR_MAX_FILENAME_LENGTH    => 'The uploaded file name exceeds the defined maximum length',
    'error_'.\Upload::UPLOAD_ERR_MOVE_FAILED            => 'Unable to move the uploaded file to it\'s final destination',
    'error_'.\Upload::UPLOAD_ERR_DUPLICATE_FILE         => 'A file with the name of the uploaded file already exists',
    'error_'.\Upload::UPLOAD_ERR_MKDIR_FAILED           => 'Unable to create the file\'s destination directory',
);

Upload::registerに関して

Upload::registerメソッドは特定のメソッドの際にコールバックとして処理を追加することができます。これにより、バリデーションを追加したり、ファイルの保存先を拡張子別に変えたりすることができます。

Upload::register($event, $callback)
$eventにはvalidate(検証時),before(save()が行われる前),after(save()が行われた後)を指定できる。
コールバックには$fileが入る。

また、Upload::registerメソッドは基本的にprocessメソッドが呼ばれる前に行っておきましょう。(正確に言えば、validateを指定する場合はproccessより前で、beforeやafterを指定する場合はsaveより前に指定をしてください。)

Example – 拡張子によって保存先を切り替える

Upload::register('before', function (&$file) {
    if ($file['error'] == Upload::UPLOAD_ERR_OK)
    {
        switch($file['extension'])
        {
            case "jpg":
            case "png":
            case "gif":
                // 画像データであればimages/に入れる
                $file['saved_to'] .= 'images/';
            break;

            case "css":
                // cssファイルならcss/に
                $file['saved_to'] .= 'css/';
            break;

            case "js":
                // javascriptならjs/に
                $file['saved_to'] .= 'js/';
            break;

            default:
                // 他のファイルは通常の設定に従う
        }
    }
});

このようにすることで、動的に保存先を切り替えることが可能です。

また、こちらで定義された、$fileですが、上の方で説明した$filesの中身がそのまま入っています。

まとめ

・最初は迷ったけど、Uploadクラスは結構便利。

・コールバックが使える。

という感じですね。
慣れてしまえば、いろいろと利用出来そうです。ただ、Uploadされたファイルに限定されるので、URLで指定したファイルを動的に出来たら良かったかな・・・って感じです。

Pocket

 Posted by at 5:50 PM

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*